値引き交渉は慎重に!

値引き交渉は基本的にできない


賃貸物件における値引き交渉は基本的にできないのが現状です。特に人気物件であれば他の顧客にニーズが裏に潜んでいる可能性があるので、値引きを表に出すとかえって、不動産担当者に簡単に断られるケースがあります。その後を持ちなおそうとしても、雰囲気が悪くなったりして気分よく契約をすることができませんし、本来受けられるべきサービスを逃してしまう可能性があります。例えば日割りの料金の割引や掃除などのサポートの割引などが該当します。最終的に値引きを決定するのは不動産業者ではなくて、大家の判断によるものですですので入居後の付き合いの雰囲気にも影響を与えてしまいます。困ったときに相談に乗ってもらえないなどが想定されます。



後で、別の意味で請求される


たとえ、値引きが成立したとしても最後の敷金の清算に降りかかってくる可能性があります。例えば、不用意に壁紙が汚れているから交換するように段取りされていたり、傷がついているところの修繕をされるのにつかわれたりといった内容です。値引きを気持ちよくできればいいのですが過度に行ってしまうと、こうしたところでの交渉もしにくくなる環境が生じますので注意が必要です。オートロック物件やブロードバンド物件など高級なオプションがある場合は逆に壊れやすいリスクもあります。これを防止するためには入居前に写真で証拠を残しておくことが重要です。値引きのみで安心してしまうと、最後の退去の清算で大きな損失をしてしまうリスクがあります。

北見の賃貸では、コンパクトな間取りやコンビニが近いなど、一人暮らしの条件にマッチした物件が多数存在し、利便性や快適性を確保できます。