明るいときに確認!日当たりと風通し

賃貸物件で暮らすことが決まった時は


進学や就職、転勤などをきっかけとして、賃貸物件の引っ越すケースは多々あります。まずは、賃貸物件の選択を慎重に行いましょう。最寄り駅までの距離や価格も大事な要素ですが、日当たりと風通しを確認することも大切です。なぜなら、日当たりや風通しが悪いと、部屋の中がジメジメしたり、カビが生えやすくなったりするからです。賃貸物件の間取りを見る時は、どこに窓が設置されているのか確かめることがポイントです。南向きや東向きならば、日当たりが良い可能性が高くなります。さらに、窓が二つ以上ついている部屋ならば、風通しを良くすることができます。キッチンや浴室、トイレに換気扇が備え付けられていることもチェックしましょう。



実際に確認することの重要性


不動産会社のホームページを閲覧して、理想的な賃貸物件が見つかったなら、実際に訪れてみることがポイントです。日当たりや風通しについて確かめることができますから安心です。もしも可能ならば、不動産会社に申し込んで内部を見せてもらうことをおすすめします。なるべく晴れた日を選んで、部屋の中にどれだけ光が差し込んでいるのか、風が通っているのかを確認しましょう。部屋の中に入ることが不可能だった場合には、周辺環境をチェックする方法が有効です。また、窓の前に高い建物があると、日当たりや風通しが悪くなります。周辺に建物がある場合には要チェックです。地図を見て建物の有無を知ることもできますから、必ず閲覧しましょう。

室蘭の賃貸物件を探しているなら、不動産業者のホームページをチェックすることです。間取りや家賃、築年数が掲載されているものも多く選ぶうえで参考になります。